Corporate
Governance
コーポレート・ガバナンス

方針

透明性、健全性、効率性の確保

ローツェでは、国際的な競争環境下において持続的な成長を達成していくために、効率的な組織により迅速に意思決定し、経営環境の変化に的確に対応していくことを目指しています。 コーポレート・ガバナンスを経営における重要課題のひとつであると認識し、企業経営の透明性、健全性、効率性を確保することによって、企業の社会的責任を果たしていくことを追求しています。

コーポレートガバナンス体制

執行体制

取締役会

ローツェの取締役会は、取締役7名で構成され、そのうち2名は社外取締役であります。取締役会は、毎月定期的または必要に応じて臨時に開催し、法令・定款に定められた事項や経営に関する重要事項についての意思決定を行うとともに、業務執行の状況を監督しております。

監査役会

ローツェは、監査役制度を採用しております。監査役会は、社外監査役3名で構成され、取締役会や他の重要な会議への出席や重要書類の閲覧、あるいは監査役監査等を通じて経営の監視機能を果たしております。

会計監査

ローツェは、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し監査を受けております。前連結会計年度において会計監査業務を執行した公認会計士は、沖聡氏、柴田直子氏であります。

指名報酬委員会

ローツェは、取締役会の内部委員会として、指名報酬委員会を設置しています。指名報酬委員会の役割は、株主総会で選任される取締役候補者および取締役会で選任される代表取締役候補者を指名し取締役会へ提案し、また、外部サーベイを活用し報酬水準等の比較分析をおこなったうえでグローバルに競争力があり当社グループに相応しい報酬方針・報酬制度及び各取締役の個別報酬額を取締役会に提案することであります。

経営会議

ローツェは、経営会議を原則として毎週1回開催し、取締役会が決定した基本方針に基づく事業執行に関しての重要事項等を協議し、適時に取締役会へ報告することにより取締役の監督機能の充実をはかっています。

グループ経営会議

ローツェは、グループ内の各社等との間では、各社の代表者がグループ全体の経営戦略の推進や情報共有をはかり、グループ全体として成長することを目的として、グループ経営会議を定期的に開催し、経営全般や事業戦略の討議、各会社状況の把握確認を行っております。

お取引先様通報窓口

詳細につきましてはこちら